月別アーカイブ: 2016年1月

小倉南区 歯医者は歴史あるんでしょうね。

どこの県でも多いかと思うけど最近は街にいくまでに多くなったお店ってリラクゼーションサロンって目に付くことないですか?
この間、うちの近所の表道でかなり昔にコンビニだあったところの更地でなにか建ってる感じがするんでママ友に聞いたんですよ。
だってその子の家の前ですからね、なにか情報知ってるかもって思ってそしたら、よくみかける揉みほぐしのサロンみたいなものができるとか言ってた。
えーいらないよそんなものとかもっとましなお店来ないのかなんて言っていたんですが、あんな場所にそんなものきても徒歩の方ならまだ客はつくでしょうが車の方ならよほどの土地勘ないと、通り過ぎる場所ですもの。
そういうものがすごく街に増えてきたよね。
流行ってるのかしらないけど車はとまってるから効く人もいるのかどうかですが、資格っていうかそういうのは必要な職業ですよね。
まさか無許可みたいなもんとかあるんじゃないのか?ってすら思う。
やはり歴史ないとどこも信用にならないのが今の時代ですよ。
歯医者でもそうだし、たくさんあってもやはり自分は小倉南区 歯医者に行きますよ。

松山で車検に出していた車も無事戻って、会場に行きました

「よし、やるだけのことはやったから、あとは失敗してもいいから、楽しんでやろうな、D!!」そう言われたときには、すこし救われた気がしたと同時に、楽しくやろうと腹がきまりました。そのとき、私は初めて心から笑顔になれたと思います。そして、そのような気持ちで場に臨める同期生がどれだけいたかを考えてみますと、たとえ全然上手くなくても、本来楽しんで奏でる行為自体が音楽というものだという、このサークルの創部からの柱のような理念を、うっすらですが分かりかけたときでもあったと思います。
新入生歓迎コンサートの日は、快晴でした。松山で車検に出していた車も戻り、運転して会場に集合しました。朝早くから準備に追われる先輩はいませんでしたが、朝までグループで練習をしていたところもあり、共同スタジオではちあわせになりました。「おはよう、D!!早いね!」そう話す先輩の顔はやりきった満足感と、疲労の入り混じった表情に笑顔というものでした。朝早く練習してきたメリットをあげるならば、こうした思いがけない出会いがいくつかあり、徐々に、先輩の間に私の存在が構築できたことでしょう。かえってそれがあとになって、朝はあいつにかなわないというイニシアチブに変わっていったことが、私に容易な逃げ道をつくらせない方向に進ませてくれたようです。