月別アーカイブ: 2015年2月

痛くない歯医者はあるのか

歯医者のイメージと聞くと、多くの人は「痛い」という返答をします。
歯に少しだけ削ると神経がありますので、歯を削っている時に神経までいっていなくても神経に振動が伝わるということになりますので、歯の痛みが生じます。
当たり前の事ですが、これだけは歯医者では避けることのできないものです。

では、痛くない歯医者というようなところがあるのでしょうか?
結論を言うなら確かにあります。
痛くない歯医者というよりは、痛くないように工夫をしている歯医者と言ったほうが正確かもしれません。

歯医者のほうで工夫をすることで、患者さんが感じる痛みというのは軽減していくことができます。
しかし、多くの歯医者ではこうした事が考慮されてはおらず、治療のみに集中しているので、時にとても痛いという経験をします。
とても単純な話しですね。

どのように痛くない歯医者を選ぶことができるでしょうか?
1つには、麻酔をする時に、麻酔が人肌にまで温められている歯医者は無痛治療を目指しているところになるので、「当たり」の歯医者ということができます。
こうした歯医者はどんなところでも、信頼することができます。