月別アーカイブ: 2014年8月

浜松はシステム開発が盛んである。

システム開発とはなにか?そう聞くと、情報システム部のようにITに直接的に携わっている人たちはまずヒアリングして、次はそれを分析して。
といったように具体的な手順を思い浮かべると思います。
では、システムを活用するユーザーの皆さんはいかがでしょう? 「システム開発とは何か」と聞かれたとき、どのように考えますか?
例えば、会社が社屋を移転する際、総務部など担当部門の人が考えるのとほとんど同じではないでしょうか。
「土地を探してビルを建てよう」と考える人もいれば、「既存のオフィスを借りよう」という人もいるでしょう。
しかし「まず鉄骨を調達して、次に溶接して」などと考える人はいないはずです。
そう、いまや利用することが当たり前になった「コンピュータシステム」は、ユーザーにとって社屋と同じ、経営の道具なのです。
ですからユーザーにとって「システム開発」とは、サーバ(鉄骨)を買うことでもプログラミング(溶接)をすることでもありません。
「業務に役立つ機能や効果を手に入れること」なのです。
ユーザーの皆さんがシステム開発を考えるに当たって、まずはこの認識をしっかりと持っておくことが大切だと思います。
そのシステム開発が盛んな場所といえばやはり浜松ではないでしょうか。
浜松のシステム開発は会社ごとに奥が深く勉強になりますよ。